FC2ブログ

米軍女性兵士 サンディ 2

進まんの~。
気が抜けた状態はしばらく続くのでしかたないのです。

でもチマチマ弄ってはいるんです。
上半身ウエストダイエット計画のためにまずパテ埋め、モナカを削るためにお腹の裏側にエポパテで肉詰めします。
リューターで皺を彫りながら細めていきます。
DSC01936.jpg

現状の皺をなるべく生かすようにするよいと思います。
ポケットやサスペンダーのモールドもなるべく残しましょう。
DSC01938.jpg

下半身のつながりも自然になるように。
ま、どのみちディフォルメなんで無理があるんですけどね。

DSC01939.jpg
DSC01940.jpg

あとは消えちゃったモールドの再現をしよう。
その次はいかり肩の修正、
太い足の修正、
腕の修正、
顔の修正‥

なんかほとんど全部直すみたいだけど結構適当だよ、だってお気軽モデリングだもん。
塗装で楽しむのさ!

でもまだまだ先のことなんだよね^^;

スポンサーサイト



米軍女性兵士 サンディ

しばらくジオラマをはなれてお気楽に単品のフィギュアでも作ってみたいと思います。
在庫を物色していたらお友達のURUさんにもらったファインモールドのデフォルメフィギュアが見つかりました。
20160522172451179.jpg

さんざん手垢のついた古いキットですが今作るにはもってこいじゃな~い。
ロシアンとヤンキーかぁ、先ずは米兵サンディーを作ってみよう。
鳥山明の箱絵はいいんだよねぇ、かわいくって。
でも完成見本があんまりなんで思いっきり損してると思うんです。
20160522172452acf.jpg

塗りも厳しいけど原型ももうちょっとなんとかしたい。
今までも数多の先達が挑んできたと思われる かわいい化 を自分の好みでやってみよう。

2016052217245223f.jpg

仮組したら思ったより悪くない印象、顔は目が小さいかな。
デフォルメだからしょうがないけどずんぐりしすぎてるかも、全体的に線を細くしてあげよう。
201605221724554d5.jpg

先ずウエストを引き締めてヒップを出したいので、上半身を黒い部分でつめます。
上半身はモナカなので詰めるのは楽
201605221724546bb.jpg

201605221725349d1.jpg

ま、これからどうなって行くかはノープラン。
ゆっくりのんびり進めてゆきますね。

ブラックホークダウン 26 まとめ

ホビーショーの熱も冷めてすっかり落ち着いてしまいましたが、
ここらで制作を振り返ってみましょう。

ブログでは1ヶ月ちょっとですが実際の制作期間は3ヶ月くらいかかってます。
いつものように前半のフィギュア制作がちんたらちんたらしてまして、そのしわ寄せがベース制作や塗装に来ていました。
ケツに火がつかないと進まないのはいつになっても変わらんのです。
息子が宿題やれって言ってもいつまでもゲームしてるのは親父の遺伝だからホントはなんも言えないんだよなぁ。

このシーンていつかやりたいと思ってたんですが、実際どんな風に表現したらいいかなかなか思いつかなかったんです。
ゾンビの様な群衆の恐怖と絶望感を表現するには敵味方双方を見せないといけない。
普通のジオラマで双方を配置するとすごく大きなベースになっちゃうから現実的じゃない。
シャドウボックスでパースを付けるか、でも野外シーンは難しい。
じゃあヘリの中を舞台にしてそこから外を描こうじゃないか。
心配は覗き窓のサイズで、ヘリの内部より大きく出来ないからものすごく小さなサイズになっちゃうことでした。
まあそこはなるようになるさってノリで始めました、そうしないと進まないからね。

実際やってみればなんとかなるもんで、大体自分の妄想に近いのができました。
DSC01815.jpg
覗き窓の小ささもかえって視線を集約する役に立ったかなと。
老眼にはちと厳しいけどね、そこはメガネでもかけましょう。
4_convert_20160518231456.jpg

写真撮りなおしてギャラリーにアップしました。
http://errorbox.jimdo.com/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%89%E3%82%A6%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%9E/
動画も貼り付けてあるので見比べてください。

こいつはホビーショップ アンディー さんのムービーコンに参考出品します。
http://hobbyshopandy.com/

締め切りまでもう少し、参加のみなさんがんばりましょ~。

さて次はなに作ろうか、なにかお手軽な物をさくっといきたいな。

静岡ホビーショー 27回モデラーズクラブ合同作品展

あっ!
という間に終わってしまいました、今年の静岡ホビーショー。
今年は二日ともいいお天気で大変盛況でありました。
見に来て下さった方、ありがとうございました。
毎年気持ちの良い疲労感と物悲しさに包まれる祭りの後なのです。

さて、自分の作品はとりあえずおいといて、膨大な出品作の中でなにか私の心に引っかかった作品をご紹介。
何が引っかかったのかは自分にも分からないんですがついカメラを向けちゃった作品です。

DSC01912.jpg
フェラーリのピットクルージオラマ 密度感のある群衆表現がグッときました。

DSC01906.jpg
クールランニングヴイネット スクラッチだそう、疾走感あるう。

DSC01897.jpg
愛を感じる。作りながらずっと物真似していたはずだ。 じゅ~ん ほたるう~

DSC01895.jpg
裕ちゃんのカッコよさ全開。でもこれ太陽族の頃だろ!

DSC01900.jpg
ベイダー卿昔を語る。お供えしたくなるようなお地蔵さまポーズ。

DSC01893.jpg
ア.バオア.クー ボックスジオラマ。これやってみたかったんだよなぁ、くやし~!

DSC01891.jpg
Xウイングジオラマ。凄い迫力、ベースからはみだしちゃってる~。

DSC01886.jpg
装甲騎兵トーマス。我がサークル 東ツク会 シラスさん作。怖いんだよ。

DSC01881.jpg
テンガウイーゴ。これも我が東ツク会猫キックさん作。またまた、なにそんなオシャレに決めちゃってんの。

20160514_082139.jpg
スターデストロイヤーの戦いボックスジオラマ。電飾+ムーブ。いい動きで魅せてたなぁ。

20160515_150331.jpg
第二会場ピグマリオンさん。やっぱすげー、生きてる。

20160515_125859.jpg
ちっちぇ~。他にもあったけどこれに萌えた。ぎちぎち感サイコー。

20160515_125723.jpg
ジュラシックパーク ボックスジオラマ。これも電飾+ムーブさらにサウンド。アピールしまくり。

20160514_091616.jpg
Uボートブンカージオラマ。これ凄かった、内部まで再現してた。秘密基地みたいでわくわくする。

20160515_125526.jpg
マッドマックス。地面はないけど脳内ジオラマ。雰囲気ばっちり。

20160514_091215.jpg
草の色がすっごい印象的で目立ってた。

20160514_080251.jpg
これもマッドマックスジオラマ。マックス好きな私は喰いつかざるをえない。設定、ディテール、雰囲気最高!
作者がかわいい女性だったのには驚愕。


とても見きれないし紹介しきれないんでこんなもんで。
なんか変に偏ったチョイスですんませんが自分の趣味だからね。
いや~楽しかった、来年はなに作ろうかな。

私のはこれから写真撮り直してギャラリーにアップしたいとおもいます。
暫しお待ちくださいませ。






ブラックホークダウン 25 総仕上げ2

いよいよ大詰め。

墜落したブラックホークに群衆が集まって来ているぞ!

35コンビの位置は決まってるんだけど他ははっきり決めてないのね。
仮置きを繰り返しながらどんどん固定してゆきます。
なるべく密度感が出るようにゴチャッとさせます。
5.jpg

反対から見るとこんなんなってます。
巨人と進撃。
6.jpg

ということで全て完成です。
なんとか間に合いました静岡ホビーショー。
最後はバッタバタになっちゃった。
毎年思うんだよなぁ、あと二日欲しいって‥
ま、二日早く始めたって結局同じなんだけどね。

早速箱の中を覗いてみましょう。



bhd d

静岡から帰ったらまとめてギャラリーにアップします。
DSC01863.jpg

では出陣!
14(土)15(日)静岡に来られる方いらっしゃいましたら是非 東ツク会 ブースまで覗きに来て下さいね。
よろしく~!

ブラックホークダウン 24 総仕上げ1

あとはベースだけ。
地面は紙粘土の上にシーナリーパウダーを撒く、水溶きボンドを塗ってから撒けばオーケー。
乾いたらフラットベースでも吹いとくと安定します。
1.jpg

地面の色を調整して、後は細かいところ‥って言っても細かくはないか。
建物やら洗濯物なんかを塗ります。
3.jpg

静かな街中にブラックホークダウン!
4.jpg

次回、フィギュアを配置していよいよ完成なるか。
いや、する!


ブラックホークダウン 23 塗装編6

空薬きょうを撒きたい。
たくさん撒きたいので0.2ミリの真鍮線をひたすら切る。
DSC01770.jpg

昔オリオンモデルズで空薬莢売ってたんだよなぁ、真鍮線なんて自分で切りゃあいいだけだからいらないっておもってたけど‥
買っとけばよかった、今使えたのに。

撒いてみた
DSC01788.jpg

あと細々やったけど画像撮ってません、もういいや。
機体組んじゃいます。
DSC01782.jpg

機体をカットしちゃったから歪んでる~(ーー;)
無理くり接着するしかない、もう力技ですよ。

塗装の事書いてなかったね、ごめんなさい。

次、やっとベース~、もう少し!


ブラックホークダウン 22 塗装編5

ヘリを塗っていきます。
機内はコクピットの黒とキャビンのグレーに分かれてますが、とにかくフラットブラックで塗ってゆきます。
コクピットの方は濃いめに、キャビンの方はスミ入れくらいに染めてゆきます。
計器パネルは適当にクリヤー塗ったりホワイト入れたりしてでっち上げ。
DSC01762.jpg

瓦礫のあたりはブラウン入れて
DSC01764.jpg

小物塗り分け
DSC01765.jpg

ミニガンも付けちゃった
DSC01767.jpg

つづく~

ブラックホークダウン 21 塗装編4

アメリカ兵のような装備など無いから塗り分けもない。
単色のファッションをざっくりと塗るだけだからスピードアップするのだ。

35ブラザーズささっと完成。

DSC01760.jpg

次、48カルテット。

DSC01746.jpg

なんだかクローン軍団みたいだな、服の色でバリエーションを持たせよう。

DSC01752.jpg

一人はカモパン穿かせて変化をもたせました、完成。

次、76軍団。

DSC01747.jpg

どうすんだこれ状態ですがとにかく肌を塗る、塗る、めんどくせ~。

これだけ人数が多いと服の色を考えるだけでいやになってきちゃう訳です。
とにかく片っ端から塗る塗るぬるぬる‥

DSC01753.jpg
DSC01754.jpg

もーいいこれで、泥人形だけどこれでいい。
いいのか、いやいいんだ。
自分を信じて次の作業に移行するんだ。

次、ヘリを塗るところから。




ブラックホークダウン 20 塗装編4

つづいて民兵を塗ります。
余裕がないのですぐに塗ってゆきます。

DSC01718.jpg
仲間割れ~

だから時間がないってのに(^^; 


アフリカンの肌はレッドブラウンで表現してみます。

DSC01719.jpg


ホーネットのヘッドはモールドがシャープで深いので特段シャドウを入れる必要はありません。
ベース色べた塗りしただけでも十分良く見えるんですよ。
ただレッドブラウンだけでは乾いたドロ人形みたいになってしまうので、
肌らしく赤みをさしてからオレンジでツヤだしします。

DSC01734.jpg

DSC01740.jpg

いい顔してるなぁ。

もう一人も同じ要領で塗ります。
少し色を濃くして変化を見せようかと思います。

DSC01733.jpg

こっちはまた凄い顔してるね。

まだまだ先は長いぞ、頑張らないと。


つづく

プロフィール

ERROR

Author:ERROR
プラモデルを使ったジオラマをつくってます。
その制作の記録です。

miniature life   ジオラマギャラリー

過去作品のギャラリーです。 あわせて覗いてみてください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム