スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保安官 ジェシー 3

とにかくスリットを塞がなきゃならない訳で、プラ版を三角に切って貼り付けます。
どうせ後で整形するのでかなりいいかげんな感じ‥にしてももうちょっと丁寧にするべきですかね^^;

DSC02746.jpg

んでもってパーツの隙間と段差部分にエポパテ充填、結構豪快にモリモリ。
左手首はグローブと腕の境で切り離して角度調節してフィットさせました。
やっぱりもうちょっと丁寧にするべきですかね^^;

DSC02748.jpg

整形はリューターでヤスリ掛け、早い早い!

DSC02757.jpg

内側も細いビットでガンガン整形。

DSC02756.jpg

奥まったところだけはスパチュラで丁寧にコリコリ。

DSC02758.jpg

なんとかチャップスは形になったようで

DSC02760.jpg
DSC02761.jpg

こんなもんですかね。
あとは細かい部品のフィッティングと表面整形。
顔は‥んー、先送りだな。


しっかし実はこの年末、実業が忙しすぎてここ一月ほど模型に触れてないのです(T_T)
ストレス溜まるわ~。
時間が空いたらちょっとでも進めたいんですが‥うーむ。



スポンサーサイト

保安官 ジェシー 2

ふんふん、とさっそく仮組みしてみましたよ。
ディテールなんかはなかなかいいかも。

DSC02740.jpg

しかーし、このチャップスはどうなってるんだ。
なんでこんなに隙間が空いちゃうんだろう、スリットなのか?
私の勘違いなのかと何度も確認したんですがどうしても分からない。

DSC02741.jpg

これってどう考えてもミスですよねぇ、なんでこんな事になっちゃったんだろう。

DSC02743.jpg

とにかく修正するしかないですね、うーむ。

あと左腕が腰にフィットしないという問題が発覚。
結構隙間が空いちゃうんでこれも修正ポイントですね。

DSC02745.jpg

なんだか先が思いやられるんですがしょうがない、ひとつずつクリヤーしてゆきましょう。

DSC02744.jpg

でもまぁお尻はいいね、期待通り。
これを励みにがんばりましょうか^^

保安官 ジェシー

えーと、猪木を作り始めたばかりなんですがついつい買ってしまったキットがありまして‥
気になっていたマスターボックスの新作 Marshal Jessie (保安官 ジェシー) 1/24フィギュア です。

DSC02733.jpg

MBっていったいどこをめざしているのでしょうか、なぜ今これなんでしょうか。
いやそんなことはどうでもいい、考えるな、感じろ!
反応しちゃったんだから作るしかないでしょ。
という訳で猪木は一旦おいといてこれ作ることにします^^;

DSC02731.jpg

まずは顔チェック、うーん予想通り。
少なくともかわいくはないね、だからこそやる気が湧いてくるのだ。
自分好みにしてやるぜ。

DSC02735.jpg

しかしこのボディー、いいじゃないの。
おっぱいの感じなんてどうよ。

DSC02736.jpg

小物もお楽しみポイント、SAAは銃身が長いみたい。
バントラインほどじゃないけど8インチくらいあるかなぁ。
イジェクターロッドも長いのが変なんだよね、そう考えると単なるミスなのかな。
ま、気にせずそのまま作っちゃうけどね。

DSC02737.jpg

そしてなによりこのキット最大の魅力はお尻ですよ、おしり!
プリッとしたこの感じ、いいじゃないですか。

ごめんね猪木、ちょっとまっててね。




燃える闘魂1

次回作の構想をずっと考えているのですがどうにもまとまらないんです。
ネタ自体はもう何年も前からあっためているものなんである程度頭の中に出来ているけれど、
それをどう表現したらいいものやら。
もう考えててもしょうがないってことで見切り発車、やれることからやっていこう。

お題はプロレス。
最近はぜんぜん観なくなっちゃったけど金曜8時にテレビにかじりついてたあの頃の興奮を再現してみたいんですよ。
プロレスの一番古い記憶っていうとアントニオ猪木とタイガージェットシンの抗争かな。
シンはホントの狂人で、猪木がサーベルでいつ殺されるかとハラハラしながら応援していたあの頃。
反則攻撃に苦しみながら最後には絶対やっつけてくれる猪木、かっこよかったなぁ。

DSC02718.jpg

そんな猪木を思い入れたっぷりにまずは作ってみたいと思います。

猪木って若い人には赤いマフラーの変な国会議員ってイメージかもしれませんが、
あの頃はまさにカリスマ、絶対的なヒーローだったんです。
そんな猪木が一番輝いて見えるのが選手コールのときガウンの帯を解いて両の手を高く掲げる姿。

DSC02716.jpg

アン~トニオ~猪~木ぃ~!

イヨッ、まさに千両役者。今見ると計算されつくしたタイミングとポージング。
盛りあがざるをえないよね、かっこいい!
まずはこの勇姿、作ってゆきたいと思います。

やってみろよ、やればできるさ、ありがとーっ!


ディアハンター 7 (旧作)

これにて完成、ということでまずは覗き窓から観てみると‥

川岸の水面に突き出るように建つ小屋、捕えられた米兵は床下の川の水に浸かりながら死の順番を待たされている。
次々死んでゆく仲間たちを頭上に見ながら脱出の計画を練るマイケルとニック。
いよいよ引き出され覚悟を決めたマイケルは怒声とともに運命の引き金を引いた。

1シーン

少し外を作り込んで見えるようにしても良かったかな箱が大きくなっちゃうけどね、

そしてアップ。
これは外の照明消してるんで雰囲気が変わって見えると思いますがこれはこれで場面に集中できて緊迫感が増すかな。

2シーン

ここからは覗き窓から見えない角度から好きなシーンを。
下からニックの背中をなめつつ天井を見上げる。
薄暗いこんなゴミ溜めみたいな中で死にたくないよ。

3シーン

ニックも死にたくはない、しかしまだ逡巡しているようだ。

4シーン

マイケルはすでに肚を決めている。

5シーン

うおああーっ!   

カチッ

へーイ どうだっ!

6シーン

上から見る、ひどい光景だ。

7シーン

マオ!マオッ!

このグーク野郎調子に乗りやがって、ゆるせねえっ、ニックが切り抜けたら真っ先にぶち殺してやる!


8シーン

ニーック、やるんだニック!糞ったれ、こんなところで死にてえのかよ!

9シーン

はたしてニックはやり遂げる、そうしてそのあとの反撃のカタルシス。

ここで再び元動画を。


やっぱりたまんないな、このシーン。
昔から作りたかった場面だったからね、今見ると結構造りが荒いんだけどこの雰囲気を表現したかったから満足です。



さて次はなに作ろう。
いまだに迷ってたりして。


プロフィール

ERROR

Author:ERROR
プラモデルを使ったジオラマをつくってます。
その制作の記録です。

miniature life   ジオラマギャラリー

過去作品のギャラリーです。 あわせて覗いてみてください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。